どのようなときに依頼するか

交通事故

大阪で交通事故の被害者になってしまった場合には、相手側に損害賠償を請求できることがあります。場合によっては、慰謝料請求をすることもできるでしょう。特に、交通弱者といわれている歩行者や自転車の場合にはたとえ自分の方がいくらか悪かったとしても相手の方から損害賠償請求をしてお金をもらうことが可能になります。事故処理に関しては、基本的に警察及んで処理を行います。警察で公式に記録した証拠をもとに、今度は保険会社がいくらお金を支払うかを決めます。保険会社が決める場合には、少し厳しめになるとの話を聞いたことがある人もいるでしょう。なぜなら、保険会社は自分たちがお金を支払うことになるからです。交通事故の加害者側の保険会社が調査を行いどれぐらいの過失割合が加害者側にあるかを見ていきます。そのため、保険会社としてはなるべくお金を支払わないようにするところも少なくありません。この場合には、支払い金額が少なかった場合保険会社に文句を言うこともできますが、基本的に保険会社は事故処理のプロになるため素人の被害者のいったことをすべてはねのけてしまうことも可能でしょう。そうすると、損害賠償請求の結果もらえるお金が不当に少なくなることもありますので、この場合被害者としては泣き寝入りをするしかなくなってしまいます。そこで、弁護士に依頼をしてより公平な結果を出すように求めるわけです。

依頼するとどのような効果があるか

交通事故

大阪の交通事故に関しては、弁護士に依頼するメリットは何となくわかりますが、いったいどのような効果が出るでしょうか。まず一つ目は、もらえるお金をしっかりともらうことができる点です。弁護士を利用することにより、事実関係が明確になり売り正確な損害賠償をすることができるでしょう。相手方も、法律のプロを相手にいい加減な対応することはできず、かなり満足できる証拠に基づいて請求をしてきます。その結果、泣き寝入りをすることなく満足できる損害賠償請求や慰謝料請求が可能です。この点に関して、法律のプロを使うときには成功報酬や着手金の支払いを被害者側がしなければいけないため、その分だけ損をするのではないかとの話もあります。確かに、損害賠償請求や慰謝料請求の金額が高ければ、弁護士を使ったことにより損をしてしまう可能性があるそうです。ですが実際には、弁護士を使った方がよりたくさんのお金が手に入るといえるでしょう。そのため、困った時は弁護士にお願いするのが一般的な考え方です。

広告募集中