HOME>トピックス>夫婦の揉め事を迅速に解決することのできる士業者

周りが相談するのも可

弁護士バッジ

離婚をする、しない、疑わしい場合も含めて、夫婦で話し合いをしますが、揉め事になったり、言った、言わないの口論にならないために、弁護士を介入させましょう。また、当人のみならず、家族や離婚の相談をされた友人からの相談にも対応しています。

依頼人の希望が優先

離婚弁護士という言葉も世間一般に知られるようになり、協議離婚以外での方法で解決するためには弁護士に相談をします。離婚する・しない、どちらか一方が否定的であれば離婚することはできません。それこそ、勝手に離婚届を提出すれば、訴訟に発展する可能性も否定できません。円満な解決方法は、協議からの調停、法廷での解決策です。もちろん、弁護側に有利になる活躍をするのが弁護士ですから、一般論として女性(奥さん)が子供の親権を取る場合でも、男性(旦那さん)の弁護で親権を得たいのなら、それに順応してくれます。話し合いで解決しないからこそ、利用するようです。

その後の相談役にもなれる

離婚後の問題を解決するために弁護士に相談することも可能です。離婚の原因によって活用法が異なりますが、どんな原因であれ、これまでの勝敗実績、経験などから依頼人に最も適した解決へ導きます。例えば、不倫なら慰謝料を含め、社内で噂にならないプライバシー保護、離職しないための対策も講じます。熟年離婚なら、老後生活となる保障も見据えて、保険や保証、さらに老後資金での資産運用についても相談可能で、活用は多岐にわたります。

広告募集中